Amazonプライムビデオ 映画 サスペンス/ミステリー

戦慄!プライムビデオで観られるおすすめサスペンス/ミステリー映画10選【2022年春 最新版】

2021年1月1日

コスパ最強のビデオ配信サービス、Amazonプライムビデオ。
当ブログではプライムビデオの配信作からジャンル別におすすめ映画を紹介中です。

すでにAmazonプライム会員の方はもちろん、これからAmazonプライムの利用を考えている方のお役にも立てれば幸いです。

今回のテーマはサスペンス、あるいはミステリー映画。
先の読めない展開や犯人捜しのスリルが味わえる珠玉の傑作を紹介します。

※2021年2月 記事更新しました

 

 

屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ

2019年 ドイツ
監督:ファティ・アキン
出演:ヨナス・ダスラー、マルガレーテ・ティーゼル

屋根裏の殺人鬼 フリッツ・ホンカ(字幕版)

1970年代のドイツを舞台に、女性4人を殺害した実在の殺人鬼フリッツ・ホンカを描いた犯罪映画。

最底辺の人間が悪の道に堕ちていく映画…という意味では上で紹介した『ジョーカー』に似ていますが、実際は真逆の内容。ジョーカーがドン底に沈んだ果てに悪のカリスマとして覚醒したのに対し、本作のホンカと来たらもう何の思想も感情もなく「めんどくさいから…?」で殺すだけの真性のクズです。
あらゆる意味でどうしようもない人間のみが登場する、映画史上類を見ない最低映画。めちゃくちゃゲンナリするので一見の価値ありです。

 

 

ジョーカー

2019年 アメリカ
監督:トッド・フィリップス
出演:ホアキン・フェニックス、ロバート・デ・二―ロ

ジョーカー(吹替版)

1980年代のゴッサムシティ。
精神病に苦しむ男はコメディアンを夢見ながらドン底の人生を歩んでいた。
ガマンにガマンを重ねてつらい日々に耐える男だったが、ある日を境にすべてのタガが外れていく…。

バットマンの永遠のライバルであるジョーカー。その誕生が描かれる一本です。でもアメコミ映画というより現代版『タクシードライバー』と呼ぶべき社会派映画。衝撃的なラストは大いに議論を呼びました。
「陰キャがヤケクソになって人を殺す話」にとどまらない、深く考えさせられる現代の寓話。

 

 

母なる証明

2009年 韓国
監督:ポン・ジュノ
出演:キム・ヘジャ、ウォンビン

母なる証明(字幕版)

知的障害の息子と暮らす年老いた母親。
静かに暮らしていた二人だったが、近所で女子高生殺人事件が起き息子がその犯人として逮捕されてしまう。
残された母親は息子の無実を証明するため独自に捜査を開始する。

2019年に『パラサイト/半地下の家族』で、アジア映画ながらアカデミー作品賞とパルムドールをダブル受賞という人類史上初の快挙を成し遂げたポン・ジュノ監督、その過去作です。個人的にはこの『母なる証明』こそポン・ジュノ最高傑作。異論は認める。

二転三転のストーリーも勿論最高ですが、タイトルの真の意味が明らかになるラストシーンがもう本当に衝撃的。一生忘れられない究極のオチです。

 

 

ブルータル・ジャスティス

2020年 アメリカ
監督:S・クレイグ・ザラ―
出演:メル・ギブソン、ヴィンス・ヴォーン

ブルータル・ジャスティス(吹替版)

行き過ぎた暴力捜査が原因で停職処分となった警官。
どうしても金が必要な彼は犯罪者のカネを横取りする計画を立て、相棒を巻き込んで実行に移すが…。

ゆっくりゆっくり話が進む2時間半のクライムサスペンス。たっぷり尺を使って世界観を構築していく手法はタランティーノに少し似てる感じ。
派手な爆発やカーチェイスは無いけれど、じっくり煮詰めた緊張感を味わえるシブい一作です。映画史上稀に見る冷酷で残虐な強盗犯も見どころ。

 

 

ボーダー/二つの世界

2018年 スウェーデン
監督:アリ・アッバシ
出演:エヴァ・メランデル、エーロ・ミロノフ

ボーダー 二つの世界(字幕版)

生まれながらの醜い容姿のせいで、孤独な人生を送る女性ティーナ。彼女には他人の嘘を「匂い」で察知する不思議な力があった。
ある日ティーナの前に彼女と同じ醜さを持つ旅行者が現れる。何かの「匂い」をかぎ取るティーナだったが…。

北欧発の超自然系サスペンス(ちょっとホラー)。
女性としてあらゆる意味で従来の枠組みから外れる主人公が、そのアイデンティティを求めて苦悩する姿が胸に迫ります。そこに持ってくるか!と唸らされるオチも秀逸。
上品なアート系映画と見せかけて元気いっぱいの人体破壊描写が拝めるのもグッドですね。

でも国内配信版は重要なシーンでモザイクが入るという許しがたい仕様。これフツーに作品への冒涜だろ!
『ぼくのエリ 200歳の少女』と同じ蛮行じゃん、北欧ホラーに何か恨みもであるのかよ!

 

 

お嬢さん

2016年 韓国
監督:パク・チャヌク
出演:キム・ミニ、キム・テリ

お嬢さん(字幕版)

1939年、朝鮮半島。
裕福な叔父のもとで暮らす深窓の令嬢・ヒデコ。
ある日ヒデコの元に新しいメイドとして孤児の少女・スッキが雇い入れられる。
しかしスッキは実は詐欺グループのメンバーで、ヒデコの家族の財産を狙っていたのだった。

騙し騙されどんでん返しの官能サスペンスです。
経済的にも性的にも弱者である当時の「女性」が、その美しさと強かさを武器に運命を切り開いていくストーリーが激アツ。
これだよ、こういうのだよフェミニズムって言うのは!宇崎ちゃんに噛みついてイキッてる国内の自称フェミニストには是非見て頂きたい一本です。

なおエッチなシーン多めでしかも変態成分ましましなので、親と観るのは避けましょう。ハ・ジョンウらがたどたどしい日本語で猥語を話すシーンは正直笑えます。

 

 

ウインド・リバー

2017年 アメリカ
監督:テイラー・シェリダン
出演:ジェレミー・レナ―、エリザベス・オルセン

ウインド・リバー(字幕版)

インディアン居住区で、若い女性が殺される事件が発生。
捜査に当たる新米FBI捜査官と地元のハンターの前に、村社会の闇が立ちはだかる。

極寒の集落を舞台にした骨太サスペンスです。
謎めいた状況で死亡した女性をめぐる犯人捜しの話ではありますが、むしろメインはその背景となる現代のインディアンたちの姿。
殺人や失踪が多発しているのに様々な事情から立件されず闇に葬られているという、アメリカ下層社会の闇が鋭く描かれていきます。

アクション映画ではありませんが、緊迫&怒涛のクライマックスは必見。
なお出演は"スカーレットウィッチ"エリザベス・オルセンのほか、"ホークアイ"ジェレミー・レナ―に"パニッシャー"ジョン・バーンサルとマーベルヒーロー揃い踏み。

 

 

ロスト・ボディ

2013年 スペイン
監督:オリオル・パウロ
出演:ベレン・ルエダ、ウーゴ・シルバ

ロスト・ボディ(字幕版)

真夜中の死体置き場で女性の死体が消えた。
警備員は「何か」を見て恐怖のあまり錯乱し、事故に遭い重体。
捜査を開始した警察は、恐るべき真実を目にすることになるのだった…。

スペイン発の傑作ミステリー。のちに韓国でリメイクされた人気作です。
消えた死体をめぐる謎解きミステリーではあるのですが、観るものの予想を巧みに転がす構成が非常に秀逸。
ゾンビものなのか?
オカルトものなのか?
臓器売買に関連する社会派サスペンスなのか?
先を想像すればするほどドツボに嵌るどんでん返しの妙が味わえます。
隠れた傑作。

 

 

ディック・ロングはなぜ死んだのか?

2020年 アメリカ
監督:ダニエル・シャイナート
出演:マイケル・アボット・ジュニア、ヴァージニア・ニューコム

ディック・ロングはなぜ死んだのか?(字幕版)

田舎町で売れないバンドを続けるおじさん3人は、冴えないけれどそれなりに楽しい日々を送っていた。
ある日三人は練習と称して自宅のガレージでバカ騒ぎをするが、そのうち一人=ディックが突然死んでしまう。残った二人は仲間の死を偽装し、自分たちの痕跡を消そうとするが…。

何も悪いことしてないのに、おバカゆえに破滅まっしぐらのおじさんを悲哀たっぷりに描いたブラックコメディです。
ストーリーが進むにつれて明らかになるディックの死の真相は壊滅的にしょうもなく、愚かで、滑稽で、それでいてどこか「分かる…」と共感を呼ぶもの。絶妙な脚本が冴える一本です。

 

 

ゴーン・ガール

2015年 アメリカ
監督:デヴィッド・フィンチャー
出演:ベン・アフレック、ロザムンド・パイク

ゴーン・ガール [DVD]

とある夫婦は順風満帆な生活を送っていたが、ある日妻が忽然と姿を消してしまう。
残された夫はその行方を追うが、やがて世間の疑いの目は当の夫に向けられていく...。

スピーディーに二転三転するストーリーが魅力のサスペンスです。
「夫婦とは何か?」という難題に、想像を絶するブラックユーモアで応えるラストは圧巻。結婚を目前にしたカップルにおススメです。どうなっても知らないけど。
デヴィッド・フィンチャーらしい唐突な残酷描写もインパクト絶大です。

 

Amazonプライムはこちらから

 

まだまだあるぞおすすめ映画!

当ブログではサスペンス映画以外にもAmazonプライムビデオで観られるおすすめ作品を紹介中です。
よかったら他記事もどうぞ。

pick up
【決定版】プライムビデオで観られるおすすめ作品

続きを見る

-Amazonプライムビデオ, 映画, サスペンス/ミステリー

© 2022 おふとんでアマプラ