Amazonプライムビデオ 映画 サスペンス/ミステリー

戦慄!プライムビデオで観られるおすすめサスペンス/ミステリー映画10選【2021年4月最新版】

2021年1月1日

コスパ最強のビデオ配信サービス、Amazonプライムビデオ。
当ブログではプライムビデオの配信作からジャンル別におすすめ映画を紹介中です。

すでにAmazonプライム会員の方はもちろん、これからAmazonプライムの利用を考えている方のお役にも立てれば幸いです。

今回のテーマはサスペンス、あるいはミステリー映画。
先の読めない展開や犯人捜しのスリルが味わえる珠玉の傑作を紹介します。

※2021年4月 記事更新しました

 

 

シンプル・フェイバー

2018年 アメリカ
監督:ポール・フェイグ
出演:アナ・ケンドリック、ブレイク・ライブリー

シンプル・フェイバー(吹替版)

田舎のがんばり系ママのステファニーにとって、ニューヨークでバリバリ働く美人ママのエミリーは憧れの相手だった。
ある日、ステファニーとエミリーはひょんなきっかけで友達同士になる。
何度か会ううちに急速に仲良くなっていく二人だったが、エミリーは家族を残して突如失踪してしまうのだった…。

ポール・フェイグ監督が手掛けた、ミステリー&コメディ。
同監督らしいユーモアあふれる女性リスペクトが痛快です。
泥にまみれてもタダでは起きないしぶとさこそ女性の強さ!一方で男性陣の愛すべき役立たずっぷりもユカイ。
ギリギリのところで「女尊男卑」にならないバランス感覚こそがフェイグ監督の真骨頂と言えるでしょう。

あと衣装・音楽・セリフがことごとくおしゃれ。
ノックスの十戒に思いっきり抵触したサスペンス部分には好みが分かれるところですが、主演のアナ・ケンドリックがとことん美しい&可愛いのですべてOKです。

 

 

ロスト・ボディ

2013年 スペイン
監督:オリオル・パウロ
出演:ベレン・ルエダ、ウーゴ・シルバ

ロスト・ボディ(字幕版)

真夜中の死体置き場で女性の死体が消えた。
警備員は「何か」を見て恐怖のあまり錯乱し、事故に遭い意識不明。
捜査を開始した警察は、恐るべき真実を目にすることになるのだった…。

スペイン発の傑作ミステリー。のちに韓国でリメイクされた人気作です。
消えた死体をめぐる謎解きミステリーではあるのですが、観るものの予想を巧みに転がす構成が非常に秀逸。
ゾンビものなのか?
オカルトものなのか?
臓器売買に関連する社会派サスペンスなのか?
先を想像すればするほどドツボに嵌るどんでん返しの妙が味わえます。
大好きな一作です。

 

 

ウインド・リバー

2017年 アメリカ
監督:テイラー・シェリダン
出演:ジェレミー・レナ―、エリザベス・オルセン

ウインド・リバー(字幕版)

インディアン居住区で、若い女性が殺される事件が発生。
捜査に当たる新米FBI捜査官と地元のハンターの前に、村社会の闇が立ちはだかる。

極寒の集落を舞台にした骨太サスペンスです。
謎めいた状況で死亡した女性をめぐる犯人捜しの話ではありますが、むしろメインはその背景となる現代のインディアンたちの姿。
殺人や失踪が多発しているのに様々な事情から立件されず闇に葬られているという、アメリカ下層社会の闇がテイラー・シェリダンらしい鋭さで描かれていきます。

アクション映画ではありませんが、緊迫&怒涛のクライマックスは必見。
エリザベル・オルセンのプリップリの尻が一瞬拝める映画としても学術的価値が高いとされています。

なお出演は"スカーレットウィッチ"エリザベス・オルセンのほか、"ホークアイ"ジェレミー・レナ―に"パニッシャー"ジョン・バーンサルとマーベルヒーロー揃い踏み。
しかしホークアイとワンダはともかく、パニッシャーは接点薄くて浮いてる感じだなぁ( ;∀;)

 

 

裏切りのサーカス

2011年 イギリス/フランス/ドイツ
監督:トーマス・アルフレッドソン
出演:ゲイリー・オールドマン、コリン・ファース、トム・ハーディ

裏切りのサーカス (字幕版)

東西冷戦時代。
イギリス情報部に潜入した二重スパイを見つけるべく、すでに退任したかつての情報部幹部は捜査を開始する。

組織や人物が二重三重に入り組んで影響し合う、非常に複雑なストーリーのサスペンスです。
しかも複雑さの割には説明的な描写が意図的に排されており、はっきり言って初見時はワケ分かりません。
しかしこの分かりにくさが絶妙に心地よく、二回観ることによって初めて全貌が理解できるという心憎い作りになっています。
知恵比べに自信がある方にぜひおススメ!
あと金髪が似合わなさ過ぎて超キモいベネディクト・カンバーバッチも必見です。

 

 

 

凶悪

2013年 日本
監督:白石和彌
出演:山田孝之、ピエール瀧、リリー・フランキー

凶悪

獄中の死刑囚から届いた、真相を記した衝撃の手紙。
そこから浮かび上がるのは「先生」と呼ばれる謎の凶悪人物だった。
事件を追う記者は捜査にのめり込むうち、いつしか当事者たち以上に深い闇に囚われていく…。

2019年4月の一件以来、いろんなアレで負の注目を集めているピエール瀧。
そんな彼が人間のクズとしか言いようのない狂犬ヤクザを演じているのだからもうその時点で最高です。ブッ込みまくってます。

善人顔したサイコパスのリリー・フランキーと、劇中の誰もよりも狂っている山田孝之らのキ〇ガイアンサンブルも最高。
「深き闇を覗き込むとき、闇もまたお前を覗き込んでいるのだ」というニーチェ先生のお言葉を忠実に映像化したようなダークな一作です。

 

 

紙の月

2014年 日本
監督:吉田大八
出演:宮沢りえ, 池松壮亮, 大島優子

紙の月

夫と二人暮らしをしながら銀行の契約社員として働く梨花。人が羨むような安定した生活を送る梨花だったが、彼女自身は人生に空虚さを感じていた。
そんなある日、梨花はふとしたきっかけで若い男性と関係を持つ。その日から彼女の金銭感覚と倫理観は少しずつ狂い始めるのだった…。

「疲れた人妻が若い男に貢ぐ話」の何が面白いんだよ!
そう敬遠して長らく観ていませんでしたが…後悔。これそういう映画じゃないです。
カネ、仕事、情欲、倫理…人生の様々な問題に対し、現代日本の女性はどう向き合うべきなのか。そんな社会的・哲学的なテーマを、宮沢りえの圧倒的な美しさで魅せた現代の寓話です。

何のために生きるのかを問う、いちサスペンスに留まらない秀作。
クソ生意気な大島優子も見どころです。

 

 

ザ・ギフト

2015年 アメリカ
監督:ジョエル・エドガートン
出演:ジョエル・エドガートン、ジェイソン・ベイトマン

ザ・ギフト (吹替版)

順風満帆の人生を送るエリートサラリーマンとその美しい妻。
そこへ夫の学生時代の友人が現れ、二人に豪華なギフトを繰り返し贈ってくるように。
「別段そんなに親しくなかったのに…」といぶかる夫。
「ただ単にいい人なのよ」と好意的な妻。
しかし夫婦の周囲で次第に不穏な事件が起き始め・・・。

ジョエル・エドガートンの異様な存在感が怖いスリラー。
監督もジョエル・エドガートン。自分をこれだけ不気味に撮れるなんて素敵!
物語の背景が明らかになるにつれ、映画のタイトルに隠された真意が明らかになっていきます。
ラストシーンの意味をあえて明確にせず、解釈が観客にゆだねられる仕掛けも憎い。
ジョエル・エドガートンの今後の躍進を予感させる大傑作です。

 

 

孤狼の血

2018年 日本
監督:白石和彌
出演:役所広司、松坂桃李

孤狼の血

日本映画界を代表する天才・白石和彌が、『仁義なき戦い』時代のヤクザ映画を現代に蘇らせた孤高の一作。
そして出演が大御所中の大御所・役所広司と気鋭中の気鋭・松坂桃李のダブル主人公態勢と来たらもう、圧倒的傑作にならない方が無理ってもんよ。

シネコンの普及で廃れていった「娯楽としてのダーティーさ」を復古する、激シブの一本です。

 

 

セブン

1995年 アメリカ
監督:デヴィッド・フィンチャー
出演:ブラット・ピット、モーガン・フリーマン

セブン (字幕版)

聖書における七つの大罪にちなんだ連続殺人事件と、それを追う二人の刑事。
底なしの悪意に立ち向かううちに、刑事たち自身もまた闇に取り込まれていく…。

サイコスリラーというジャンルを代表する超傑作です。
これ一本でデヴィッド・フィンチャー監督は連続殺人映画の神様に昇格しました。

もう20年以上前の作品なのでブラピが若過ぎてニヤけてしまいますが、この強烈な気味悪さだけは時代が変わっても決して色褪せません!オープニングのグロカッコ良さは逸品!!

 

 

特捜部Qシリーズ

2013年 スウェーデン
監督:ミケル・ノガール
出演:ニコライ・リー・コス、ファレス・ファレス

特捜部Q キジ殺し(字幕版)

警察署の地下にひっそりと設立された「特捜部Q」…そこは未解決事件の再捜査を専門とする部署。しかし特捜部とは名ばかりで、実際は厄介者の左遷先だった。
捜査ミスの責任を負い特捜部Qへ異動させられたカール刑事は、アラブ人という生い立ちから組織に敬遠され同じく特捜部Q配属となったアサド刑事と共に、不審な未解決事件の再調査に乗り出す。

暴走主人公と冷静相棒という王道のキャラ付けが心地よい正統派刑事ドラマです。日本での知名度はいま一つだけど、本国スウェーデンでは鉄板シリーズ。
「犯罪者が罪を犯す理由」を深く掘り下げる骨太のストーリーに圧倒されます。
北欧映画らしいダークな映像美も見どころ。
続編の『カルテ番号64』や『Pからのメッセージ』も素晴らしい出来栄えです。こちらもAmazonプライムビデオで配信中なので嬉しみが深い。

特捜部Q カルテ番号64(字幕版)

 

 

 

Amazonプライムはこちらから

 

まだまだあるぞおすすめ映画!

当ブログではサスペンス映画以外にもAmazonプライムビデオで観られるおすすめ作品を紹介中です。
よかったら他記事もどうぞ。

pick up
【決定版】プライムビデオで観られるおすすめ作品

続きを見る

-Amazonプライムビデオ, 映画, サスペンス/ミステリー

© 2021 おふとんでアマプラ